BLOG SPLASH

やっぱり明るい未来が見えません・続き

続きの1・4 新日本・東京ドーム大会について

もう自分は何年も新日本の会場に足を運んでません。
以前は毎年新年のドームには観戦に行ってましたがもう、遠い昔のようです。
なので当日放送されたTVを見ただけの感想しか言えませんが
それでも酷い…批判的な意見しか出てきません。

ぶっちゃけ、CSなどのPPVで全試合生放送でもなければ
変な試合でも、普通な試合に見れるように編集できるんですよ。
見てきてイマイチだった試合もTV放送ではそんな悪い印象でもない
というのが多々あったし、専門誌では無難な記事になってる事もよくあります。

でもそれでもあのアルティメット・ロワイアルはどこをどう
編集したり、誉めればいいのか。
最初からわかりきったけど、ルールに無理があり過ぎ。
猪木は本当にこれを面白いと思ったのか。
新日フロントは何も異を唱えなかったのか。
以前のアルティメット・クラッシュが中々のものだっただけに
あのロワイアルの茶番は泥を塗ったなんてもんじゃない。

天山、蝶野、長州も試合自体はまぁ普通なものの
巴戦の意味があったのだろうか。
特にIWGP王者が2試合目の相手に完敗というのは開いた口が塞がらない。
この後に及んで更にベルトと王者の価値を下げるのか。
天山が気の毒でしかたない。天山はもっともっと怒っていい。

メインの棚橋vs中邑がいい試合であったのが唯一の救いではあるが
年始のドームのメインとなるとどうかという辛口?意見もあるだろう。
観客動員は最低を更新し、視聴率も6%と奮わず、以前専門誌で話題にした
ワールドプロレスリング打ち切りすら現実味を帯びてくる始末。
NHKの紅白や球界の盟主・巨人以上の没落ぶりではないだろうか。

つまらないとか、何だあの試合!とかいう怒りを通り越して
どんどんファンは冷めてるし、しらけている。
新日と猪木がここまで嘲笑の対象となるとは10年ほど前には考えもしなかった事だ。

今まで何度もわかってるとは思ったけど、もうこれで猪木や格闘路線に関わると
ロクな事がないとわかったであろう信じたい。
じっくりプロレスやって信頼回復につとめて下さい。
もう遅すぎるかもしれませんけどね……
[PR]
by F_F-FLAT | 2005-01-06 23:38 | プロレスコラム
<< 残り物には福がある? やっぱり明るい未来が見えません >>



日記やいろんな感想、気になったニュースを気ままに更新
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧