BLOG SPLASH

今年の総括

プロレスコラム第2回目は今年もあと数日と言う事で総括なぞを。
大晦日のプライド男祭りやK-1ダイナマイトが残ってますが
大体は終了したと言う事で。

今年はメジャーな団体に大きな動きがあった1年。
新日本は中邑のIWGP返上、リストラ騒動に始まって動乱期に入り大きく迷走する事に。
K-1ロマネクスにて全勝したりG1の熱い闘いで一時はもちなおしたかと思いきや
高山負傷欠場によるIWGPタッグ返上問題、そして極めつけの
藤田-健介戦での不可解な結末、それに長州復帰と上井氏退社。
話題性というかスキャンダラスな話には事欠かないものの
余りにもファンを蔑ろにした展開は取り返しのつかない一歩手前まで
行ってしまったと言っていいだろう。
最後の最後、12月に入ってまたようやく明るい兆しが見え始めるものの
来年の1・4ではどう転ぶか分からず、盟主・新日本の出口の見えない迷走は
まだ続くかも。いや、出口はわかってるはずなんだが…

ノアは堅実に、そして大きく飛躍した1年。
三沢からベルトを奪った小橋が今年1年GHCを保持。
タッグはジュニア、ヘビーも磐石でまだ安泰が続きそう。
ジュニアのシングルも最強の外敵を破った金丸が長期政権を築きそう。
本流とはちょっと離れた所でハードコアGHCも秋山を中心に様々な話題を提供。
新ユニット・ダークエージェントもコミカルな面で新境地を開拓。
そしてドーム初進出。タッグながらの三沢対武藤の夢対決や
高山・鈴木組の参戦があったもののほぼ独力でドームを埋めた事は
選手にも会社にも大きな自信になったはず。来年早々には天龍参戦など
内容だけでなく話題性にも打って出るノア。来年も期待したい。
はたして来年、小橋からベルトを奪うヤツは出てくるのか?

全日本も飛躍した1年と言っていいのではないだろうか。
武道館から撤退など、ともすれば暗くなりがちだったが
その分、両国でのビッグマッチには三沢と武藤の交流などもあり
成功を続けている。大型ルーキー・諏訪間の台頭や
TAKA率いるRO&Dと健介ファミリーとの抗争
ラブマシンズ出現と増殖、偽グレート・ムタなど
明るく楽しく激しく新しい雰囲気でいい感じに役者が揃ってきたと思う。
待望の地上波でのテレビ放送も始まり、ますますの武藤全日の驀進を願う。

残念ながらメジャー系以外のインディー系は相変らず
どこも厳しい状況が続いてると言っていい。橋本ゼロワンの崩壊に象徴されるように。
橋本が全負債を被り、大谷以下はゼロワンMAXとして来年再出発だが
依然として厳しい状況は続くだろう。試合そのものや外国人などは
いいものがあると思うので是非とも頑張って欲しい。
みちのくもフリーの選手との大幅な契約見直しにより
リング上の風景は一変する事に。しかしこの東北をモチーフにした
若き新キャラクター達は、東北を蔑ろにしなければきっと東北のファンの心に届くはずだ
大阪は村浜の不調によりイマイチ活気が無かった感がある。
新日本のCTUと岸和田愚蓮隊の悪役同志の抗争は熱がこもってたものの
正規軍である村浜やガンマのにさほど元気が無いのが気になった。

そういった厳しいな中で一つ気を吐いてるのが闘龍門改めドラゴンゲート。
ウルティモ校長から離れ、団体名を変え
全国巡業と同時にお台場で毎日プロレスを開催するなど
世間に強烈にアピール。その後のSUWA、TARUといった大物の離脱により
若干、不安が過るが今は勢いをキープしてると言っていい。
来年も大きく打って出る事が出来るだろうか。

海外からは世界規模のワールドエンタテイメント団体・WWEの
ロウ、スマックダウンの二大ブランドが今年も襲来。
ロウは“ストーンコールド”スティーブ・オースチンの
ビールとスタナーに酔いしれ
スマックダウンは“墓掘り人”アンダーテイカーと
なんと本場アメリカより早いカート・アングルの復帰戦。
現在はストーンコールドもロックもレズナー等の超一流がいない状況なれど
スマックダウン日本武道館2Daysの興行の完成度には唸らされた。
(自分が行ったのは初日だけでしたが)
来年は遂にロウ、スマックダウン同時開催とハウスショーでなくテレビショーに。
まだまだWWEからは目が離せない。


で、世間では今年を表す漢字一字は「災」でしたが、プロレス界では独断で

 「嫁」 

に決定。1番にはもちろん鬼嫁こと佐々木健介夫人・北斗 晶。
マネージャーとしてセコンドとして選手として夫と二人三脚で…
いや、天龍、中嶋を含む家族全員で走りぬけた1年。
海外に目を向ければ海を渡った「名高い人」ケンゾー・スズキのヒロコ夫人。
「ゲイシャガール」としてちょっと勘違いされた派手な衣装に
日本語と英語を織り交ぜた絶妙なトーク。
本場のディーバに一歩も引かない負けん気の強さ。
インディーなところでは、DDTの高木三四郎の加代子夫人。
素人にも関わらず見事なムーンサルトプレスを披露。
女子プロでも中西百重、シュガー佐藤が結婚により寿引退。お嫁サンへ。

と、まぁ今年を表すに充分な様々な嫁たちの活躍でした。

さて来年はどんな年になりますかね。
[PR]
by F_F-FLAT | 2004-12-28 00:54 | プロレスコラム
<< ニューストピックス 12/27 いろんな番組の感想をつらつらと >>



日記やいろんな感想、気になったニュースを気ままに更新
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧